車のスプリングは拡張可能な圧縮特性

- Jun 20, 2017 -

車のスプリングを吸収して凹凸の道路によるバウンスをリリース、車両のバウンスの振幅を低減、道路に接触してホイールを可能な限り維持拡張の圧縮の特徴があります。伸長プロセス中に生成されるエネルギーが空気中に熱に緩衝器の仕事であります。

進歩的な車のスプリング

通常元のモデル プログレッシブ車スプリング、高密度、厚さの一貫性のないデザインとこの車のスプリングを使用、利点は圧力が確保するため道路の浮き沈みを吸収する弾性係数の下の部分を大きくない場合慰め、支持体、自動車春の役割を再生する車のスプリングの厚い部分の後ある程度圧が増加し、この車のスプリングが操作の不利な点は直接、精度が悪い。

線形車のスプリングは、上から厚さ、密度の変更、固定値の弾力性の下。この車のスプリングのデザインがより安定し、線形動的応答を取得する車を行うことができます、自動車春はもちろんパフォーマンス指向の改造車の競争力のある車より、車のドライバーのよりよい制御を助長、快適さが影響を受けます。

さらに、いくつかの車や改造車は薄く柔らかい小さな車の補助スプリングを追加する難しい線形車春、この快適性を高めるだけでなく車のスプリングの組み合わせすることができますメイン車のスプリング圧でリバウンドを減らすリバウンド強度、メインの車を防ぐために車のスプリング シートのうちそうを春します。

短い車のスプリング

元車スプリングはこのようにより短くより頑丈な短い車のスプリングのインストールに比べて車のスプリングを短い、することができます効果的に体の重心を減らす、角を減らすとき曲げより安定性とスムーズなハンドリング、コーナリングします。元ショックアブソーバ減衰設定バイアス快適な短い車のスプリングとの試合で元の衝撃吸収材は非常に安定していないので、それは短い春リバウンドを抑えることができます効果的にしないと圧縮、でこぼこ道、そこでの運転になります、感不快感ジャンプ、長期的には、ショックアブソーバの寿命を大幅に削減され、オイル漏れ状況可能性があります。もちろん、日常の運転では、これらの条件は相対的にあるないだろうし、深刻な被害、自動車春、運転するすべての後に、try オリジナルの衝撃吸収材は高い負荷圧力を余裕がないので。

短い車のスプリングは、いくつかの予算ではない人のための最も手頃な価格の変換プログラムの高さを削減する、置換はもちろん、サブ価格商品など、良い選択、制御性能の改善に関する短い車のスプリングは株式だけでなく、drawba の多くcks、購入する必要がありますので、自分の目的をオフに場合、またはアラームのアラームに不要な廃棄物の結果、以下の予想より結果のインストールを完了する時間。


関連商品

  • Opel Corsa C  -  F Vauxhall Corsa C  -  F
  • プロサーキットコンプリートバルブスプリングキット
  • キッチン/家電製品ボタントーションスプリング
  • 大型高精度ディスクスプリング
  • 飼料機械の春
  • ステンレス鋼製ディスクスプリング