温泉コイルの高支持力

- Sep 20, 2017 -

熱延コイル スプリングは、ラジアル荷重を受ける主に放射状および軸関節負荷の主に使用されます。アンギュラー玉春に比べ、支持力は大きく、制限速度が低い。コイル スプリングは、一方向の軸負荷に耐えることができます、シャフトまたはエンクロージャの一方向に軸方向変位を制限することができます。

ホット コイル スプリングは大型スプリング コイル、巻取温泉暖房, 少ない弾力性強化処理後焼入れの形成の後の後を歪曲する簡単に用いられます。

ばね鋼ワイヤの巻きスプリング バック補正を考えると、直接焼戻し処理にロールバックする必要があります大きな弾力性に戻って、巻線と直接コイル スプリング。

温泉コイルに達する長い寿命と春の検出の注目のいくつかのポイント

コイル スプリングの長い生命を保障するために捲取温泉を満足できない場合一般的なインストールと調整が必要、それは次の措置をとるべき適切です。

(1) ホット コイル スプリングはそのまりばめ表面のサイズによってグループ化され、春はクリアランスのサイズに従ってグループごとに整列します。対応するシャフトやシートの穴の直径は同じようにグループ化されます。表面サイズが大きい春グループは大径シャフト グループまたはブロック穴グループと一致して、小さなサイズは対応するグループの小さい直径と一致します。一致した各グループのクリアランスの大きなホット コイル スプリングがしっかりと一致していると熱いコイル スプリングには小さな隙間がルーズ フィット。捲取温泉のこの選択の結果、緩んでいない、しかしまたタイトなインストールされているマシンの同じバッチ内黒字が熱いコイル スプリングはより一貫性のある、クリアランスは確保、ホットコイル春のインストール後より均一であるもテンドン適切なと忍び寄る、腫れ、衝撃、振動、発熱、異常な春の障害発生による不適切なクリアランスのため温泉コイリング リングを避けます。

(2) 車軸首の同軸程度とサポートの端の座席ホールとベアリング端面の垂直度は、生産されてから追加の負荷を防ぐために厳密に確保されなければなりません。可能であれば、温泉コイリング負荷外ばねに作用する機械要素若干ホットコイルばねのより簡単に破損した端から必要があります滑らかなシャフトと回転部品システムとしてできるはずです。

コイル温泉維持および検出するためのいくつかのポイント

ホットコイル スプリング プロセスの使用中の 1 規則的なクリーニングは非常に重要です。正確にばねをきれいにする方法?まず、春にチェックを外して、まず写真とその他のメソッドを使用して、レコードの外観を行います。また、巻取温泉残留の潤滑油量を確認、春のクリーニングの前に潤滑剤のサンプルします。

2. 春のクリーニングは、純フレームは使用されるコンテナーの下部に配置できる金属温泉コイリングと細かい洗濯粗洗浄に分かれています。

3、オイル、グリースまたは粘着性オブジェクトを洗浄用のブラシなどで、原油の洗浄に。この時点で、外国のブレンド オイルで春の転送ボディなど場合圧延の表面への損傷。

4、油で洗濯の本質が徐々 に移行春を変更、する必要があります停止するは難しい。

5、中性水無料ディーゼルまたは需要によると、油の洗浄剤の毎日の使用も苛性アルカリ溶液の温度などを使用します。どの洗浄剤の種類を使用するに関係なく多くの場合きれいな対立を絞って必要があります。

6、ホットコイルばねにすぐに洗浄後防錆油や防錆グリースを塗られます。

インポート サービスの機械の操作を長く春を知らせる、正規ホットコイル春捲取温泉は定期テストが非常に必要なを通じて検出見つけることが効果的に問題の機械操作、問題がうまく解決、春の生活を効果的に増加しました。

頭が偏っていないリベットの春の主な観測の検出では、リラックスした溶接位置が正しくありません。ケージの溶接が良いか悪いです。ポイントを溶接は小さすぎて、溶接しない、固体、またはカード ボールによって引き起こさ過剰な溶接ではないです。プロセスは、特に場所に注意を払う必要がありますインポート春の検出は、です。注意してくださいいくつかの問題もあります。

春のローカル検出。最初環境に照らして検査すべき春の輸入の環境でできれば春観測の外側を良くために非点収差と参照してくださいその表面亀裂の無い他の奇妙です。たとえば、摩耗、傷、圧力接触の過程で機械的雲温泉コイリングにつながる春デバイス オフセット、ロードし濃度、春の精度、生命の使用を強調悪いデバイス位置フラットの原因と結果減少します。

鍛造は、金属材料の内部組織を変更できますホットコイル春結晶を絞り込むし、その機械的性質を向上させます。燃焼、工作少し過失が発生するので、製造プロセスがある高温、すす、捲取温泉振動とノイズ、その他の危険ホットコイル スプリング鍛造は金属押し出し、圧力、鍛造、成形、ホットな状態なので損傷や火災事故。

ホットコイル スプリング鍛造は、加熱装置、鍛造設備、多くの補助ツールを使用する必要があります。

ホットコイル スプリング鍛造、金属加熱温度 700-1300 ℃、強い放射熱、ホット マテリアルに head、酸化皮膚から飛ぶまでは、演算子は、作業を開始する前に良い個人的な保護具を着用する必要がありますので、身体に害になります。

操作を鍛造熱コイルばね、オペレーターが安全規則に従う彼らのエネルギーを集中しお互いに協力、危険な方向を回避する安全な位置の選択に注意を払う材料切断、体は、方向から飛び出して頭を避ける必要があります。春捲取手仕上げグリップと姿勢修正、または腹部市手クランプ正確な部門ハンマー、ハンマー、軽くヒット、およびその他のツールと鍛造を各ハンマーの接触、リアの安定性コマンドの右側にクランプをスタンド重い打撃をすることができます、鍛造は寒すぎる、薄すぎる温泉捲取ない安定した、あるいは危険なハンマーの中心に配置されませんハンマー、鍛造品の外に飛んでの発生と腕にけが、金型装置に損傷を与えるようにしない場合、それは固く禁じられてドロップ ハンマーし得ずに、手や足、アンビル表面に酸化した皮膚を削除して、手で鍛造品に触れないようにハンマーと書き込み赤ブランクと鍛造鍛造品を避けるために傷害事故の原因と他の人やけど。